ITEM DETAIL
  • 【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入
  • 【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入
  • 【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入
  • 【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入
  • 【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入

【送料無料】Black fiver120 ×3個セット<下地&カッター付き>スーパーハードタイプ 360本入

【商品番号】EC5233

¥6,303

¥5,753-(税込)

内容品
- ブラックファイバー120本×3 (360本入)
- ケース×3
- ピン
- フィクス ×1
- クリップカッター ×1

※本商品は「定形外発送」、「クレジットカード支払い」のみとなります。
数量

仕上がりUP!1日崩れないふたえをつくるお得な3点セット

返品・交換についての詳細はこちら

商品のお問い合せはこちら

DETAIL

【公式WEB限定】Fix(下地材)と専用カッターが付いたお得なセット

まぶたにくい込んで立体的なふたえを作る極細粘着ファイバー

*特許№.3277180号

スーパーハードタイプ<ガッチリふたえ>

「メザイク」初期の 「メザイク ストレッチファイバー」を踏襲したスーパーハードタイプのふたえファイバー材。3種類あるファイバー材の中で最もファイバーが強く、医療用として開発された伸縮性のある極細粘着ファイバーがまぶたを押さえながらくい込み、立体的なふたえを形成します。目を閉じてもひきつれず、アップ画像にも耐えられるガッチリふたえは、プールも入れる超ウォータープルーフで運動時にも安心。

本体材料
シリコンゴム、合成樹脂、皮膚用アクリル粘着剤
注意事項
  • お肌に異常が生じていないかよくご注意ください。
  • お肌に合わないときはご使用をおやめください。
  • 添付「取扱説明書」をお読みになり正しくご使用ください。

RECOMMENDED

こんな人にオススメです

- まぶたが重め
- 蒙古ひだが強い
- 形成力をキープしたい

ITEM MAP

REVIEW

レビューはまだありません

HOW TO USE

  • メイク前にふたえを作る場合 ファイバー商品でふたえを作る
  • メイク後にふたえを作る場合 Fixを使えばメイクの上からふたえが作れる
メイク前にふたえを作る場合 ファイバー商品でふたえを作る

STEP 01

自然なふたえラインができる位置を探す。

  • 1

    付属のハートピンを使い、自然なふたえラインができる場所を探します。

  • 2

    ハートピンを黒目~目尻にあて、ふたえラインが全体に入る位置を探します。

  • 3

    ハートピンの先端を目に対して垂直にあてて探しましょう。

  • 4

    黒目より目頭側にハートピンをあてるのはNGです。無理なふたえラインになります。

  • 5

    ハートピンを倒して探すのもNGです。無理なふたえラインになります。

STEP 02

ふたえを作る準備をする。

  • 1

    STEP01で見つけたふたえライン上にある皮脂やクリームなどを取り除き、清潔な素肌の状態にします。

  • 2

    鏡を斜め下に置き、あごを上げて鏡を見ます。視線が下を向くことで、まぶたが伸び、ファイバーを貼りやすくなります。

STEP 03

ファイバー材を取り出す。

  • 1

    左:ブラックファイバー
    中央:ストリングファイバー
    右:フリーファイバー

  • 2

    ファイバー材を1本取り出します。

  • 3

    ファイバー材の両ハシを持ちそっと目幅程度に伸ばします。

  • 4

    ※ファイバー材は、縮む力でまぶたにくい込み、ふたえを作ります。必ずピンと張った状態でお持ちください。

MEMO

ファイバーは、伸ばす長さにより細さや二重形成力が変化します。ファイバー材でふたえを作るのに慣れたら、自分のまぶたに合わせた長さを探してみてください。

STEP 04

ふたえをつくる

  • 1

    清潔にしたふたえライン 上にファイバーをピンと張った状態で貼ります。

  • 2

    目頭・目尻をしっかり押さえたまま、数回瞬きして、ファイバーが肌にくい込むのを待ちます。

  • 3

    余分な両ハシをメイク用ハサミ又はメザイククリップカッターでカットし、ハートピンで目頭・目尻を整えます。

  • 4

    ファイバーは指で触れると、ふたえラインが崩れる原因になるので、付属のハートピンを使用して整えてください。

CLIP CUTTER

ファイバーは指で触れると、ふたえラインが崩れる原因になるので、付属のハートピンを使用して整えてください。

  • 1

    ファイバーの余分な両ハシをカットするときは、メザイククリップカッターが便利です。

  • 2

    メザイククリップカッターをカットしたい位置にあてます。このとき、先端が肌にあたりすぎないように少し倒してあててください。

  • 3

    丸い金具の先端にファイバーをひっかけます。

  • 4

    メザイク クリップカッターは動かさず、ファイバーを黒目側に引っ張りカットします。

  • 5

    上からハートピンでファイバーを押さえ、ふたえを整えたら完成です。

メイク後にふたえを作る場合 Fixを使えばメイクの上からふたえが作れる

HOWTO FIX

メイク後にふたえを作る場合

  • 1

    メイクの上からふたえを作りたいときは、メザイクフィクスを使います。

  • 2

    アイメイク後、作りたいふたえラインにメザイクフィクスを薄く塗ります。

  • 3

    フィクス液が完全に乾いたら、ファイバーをピンと張った状態で貼り付け、目頭・目尻をしっかり押さえ、数回瞬きします。

  • 4

    視線を上に向け、ファイバーがまぶたにくい込むのを待ちます。(5秒程度)余分な両ハシをカットすれば完成です。

  • 5

    視線を上に向け、ファイバーがまぶたにくい込むのを待ちます。(5秒程度)余分な両ハシをカットすれば完成です。

ファイバーのハシが浮いた場合

  • 1

    矢印のようにファイバーのハシが白く浮いたときは、上からメザイクフィクスを塗ります。

  • 2

    上からハートピンで押さえ、乾くまで待ちます。

  • 3

    上からハートピンで押さえ、乾くまで待ちます。